スベリスト夏目の歴史からものごとを考えるブログ

現役放課後等デイサービスが伝える発達障害の支援方法や歴史学観点から見た教育や子育て方法について

長い夏休みだからこそ普段はいかない場所に行くことが大事ー旅行をするとよいこと

どうもスベリスト夏目です。


前回の記事はこちら

nattsu1991.hatenadiary.jp


社会人方はお盆休みが終わり、学校生活を送っている人は夏休みが終わりに近づいているのではないでしょうか?



この夏を振り返っている人もいれば、まだまだ夏は終わらないと思っている人もいるでしょう。


そんな夏休みいろいろな過ごし方をしたと思います。


その中で旅行をしたという人もいることでしょう。

f:id:nattsu1991:20180823004026j:plain



私自身も旅行をすることが好きです。


今回は旅行をすることのメリットについて書きたいと思います。


目次

1.普段は得られない刺激を得られる

毎日朝起きて、電車や車に乗って学校や職場に向かう人がほとんどだと思います。


通勤ラッシュで混雑した電車に毎日揺られながら、しんどいなとと思いながら仕事に行って夜遅くまで働いている人もいることでしょう。


シフト制で土日も関係なくひたすら働いて毎日が過ぎている人もいると思います。


好きで仕事をしている人もいると思いますが、多くの人が毎日が同じことの繰り返しでマンネリ化した日々を送っているなと思っていることでしょう。


たまには違ったことをしたいなと思っている方に旅行はオススメです


自分が住んでいる地域から離れて違う都道府県や海外に行くことで普段の生活では得られない刺激が得ることができます。
f:id:nattsu1991:20180823004222j:plain

こんな場所があるんだ、こんな生き方があるんだと様々な刺激を得ることができます。


そうすることで自分がどんな風に生きていきたいのかと考えるきっかけになると思います。


私自身子どもの頃から様々な場所に旅行に行きました。


日本は北は北海道から南は沖縄まで行き、海外はアメリカ、ペルー、ボリビア、フィリピンに行きました。
f:id:nattsu1991:20180823004330j:plain

f:id:nattsu1991:20180823004440j:plain

その度に様々な刺激をもらってきました。


かわいい子には旅をさせよというように人生で旅をすることは成長に大きく役立つことだと思います。

2.気持ちをリフレッシュすることができる

毎日仕事をしていく中で多くの人がストレスをためているかと思います。


職場での人間関係、ノルマ、長時間労働など様々なストレスにさらされているでしょう。


土日で休んでいても中々休まらないときもあります。


そんな時は旅行に行ってリフレッシュすることをオススメします。

f:id:nattsu1991:20180823004546j:plain
特に自然を感じれる場所に行くとよいでしょう。

f:id:nattsu1991:20180823004642j:plain
緑の山々をぼーっと見たり、青い海に潜ったり、星空を眺めたりすると時間が過ぎるのを忘れて気持ちをリセットすることができます。

f:id:nattsu1991:20180823004804j:plain
f:id:nattsu1991:20180823004723j:plain
大自然はエネルギーに満ち溢れているので、そこに行くことで生きるための活力が得られるでしょう。


遠いところじゃなくても身近に自然を感じられる場所に行くだけでも効果はあると思うので、休みの際には自然と触れ合いましょう。



3.普段の生活を振り返ることができる


日常生活を送っていると一日がせわしなく過ぎていき、自分のことを振り返る機会も少ないと思います。


そんなときこそ、旅行に行き日常から離れることが大切です。


日常から離れることで物事を俯瞰的に見やすくなります。


自分がこうだと思い込んでいたことが実は他の見方もあったんだと旅行をしながら気づくことがあります。


私も1週間ほどフィリピンの離島に行き、自分の人生について深く考えることを行いました。




そのときに感じたことは今の日常生活でも大きく役立っています。




4.当たり前のことがありがたいことであると感じることができる

同じ所に住んでいるとそこでの生活が自分にとって当たり前になります。


しかし、一歩違う場所に行くとその生活が当たり前でないことがあります。

日本でもそういったことは感じますが、海外に行くとより一層感じます。


海外のトイレはウォシュレットがついていなかったり水で流せなかったり、トイレに入るのにお金がかかったり、公共交通機関が時間でルーズであったりとすることもあります。


そういったことに遭遇すると日本で当たり前にあることが実は幸せで感謝すべきことなのだと感じます。



日本は世界的に見ても、インフラは整っており、衣食住に困ることはほとんどありません。


しかし、世界ではごみをあさって毎日を必死に生活している人もいます。


そういった状況を目の当たりにすると日本はいい国でこの国を作ってくれた先人の方々への感謝の気持ちも自然と生まれてきます。

5.おいしいものが食べられる


旅行と言ったら、やっぱりおいしいもの。


都会ではなかなか味わうことのできない新鮮な食べ物を食べると元気になれます。
f:id:nattsu1991:20180823005306j:plain

f:id:nattsu1991:20180823005343j:plain


食べ物は採れたてが一番エネルギーがあるので、産地で新鮮なものを食べるだけでも元気になります。

6.まとめ

日常生活に疲れるとなかなか外に行く元気は出ません。

長期で休みが取れる時期だからこそ外に出かけましょう!


にほんブログ村


スベリスト夏目のプロフィールはこちら
スベリスト夏目の自己紹介―ごく普通の社会人がブログを始めたきっかけについて - スベリスト夏目の歴史からものごとを考えるブログ