スベリスト夏目の歴史からものごとを考えるブログ

現役放課後等デイサービスが伝える発達障害の支援方法や歴史学観点から見た教育や子育て方法について

諏訪市の金子茶房でハーブティーを飲みながら心休まる時間を

どうもスベリスト夏目です^ ^


ストレスが溜まったとき皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?


私はゆっくりと何もせずぼーっとお茶を飲むのが好きです。


今回はそれにオススメなお店の金子茶房さんを紹介したいとおもいます。

目次

1.金子茶房とは

金子茶房さんは長野県諏訪市の諏訪大社上社本宮の東側正門のところにカフェです。


窓が大きく、外の景色がよく見えます。



私自身夏と冬に2度訪れたのですが、夏は新緑が見られ冬は雪化粧した山を見ることができました。



私は2階からの景色が好きなので、2階でお茶をさせてもらっています。



イスが窓に向けられているので景色を堪能しながら優雅なティータイムを過ごすことができます。



雄大な大自然のを窓から見ながらのハーブティーは格別です。


日頃のストレスの疲れがたまっているかたの癒しにはぴったりな場所です。

2.自分で選べるティーカップ


金子茶房さんではホットの飲み物を注文した際には、自分で好きなカップを選ぶことができます。


棚に並んでいるカップの中からお気に入りを見つけられるなんて素敵ですよね。


私はこのときは下の写真のカップを選びました。


[

自分で選んだものであるので思い出にも残りますね。


3.季節ごとに楽しみができる

景色の違いを味わうこともできますが、お茶も季節によって違った楽しみ方ができます。



私はハーブティーを2回飲んだのですが、夏はアイスで冬はホットで楽しみました。



夏は炭酸水とハーブでいただきました。

氷の中に花びらが入っていたので、


飲んでいくと花びらがが徐々に溶けていき、

最終的に花びらが浮いてきてとても風流でした。



冬はホットでお湯を入れてそこにレモンの果汁を入れるとなんと青色になりました。

おいしいハーブティーを飲み、外を見ると八ヶ岳の雄大な景色が広がっています。


都会では味わえない贅沢な時間です。



平日休日と共に行きましたがそんなに混雑している様子はありませんでした。




こんな感じで自分以外は人がいないのでゆったりと過ごすことができます。

3.気になるお値段は?


こんな静かで落ち着ける場所となると結構お値段もするのではないかと思いますが、


これで800円です。

ティーカップ3杯飲むことができるので私はお得だなと思います。


ケーキは別途で500円で頼むこともできます。




諏訪観光の際は一息つくのにお財布的にも優しいのかなと思います。

4.場所と営業時間



住所 〒392-0015 長野県諏訪市大字中洲神宮寺829 中央自動車 諏訪インターから車で5分
営業時間 10:00~17:00
定休日 火・水
駐車場 諏訪大社の駐車場があるのでそちらに停められます

5.まとめ


ストレスがたまりやすい現代社会。

なかなか落ち着いて休める時間も少ないかなと思います。

私は旅行と感じでいろいろ見ようという感じではなく、ただカフェでまったりぼーっと何も考えずに過ごすのもありかなと思います。